NHKのドラマ『逃げる女』での仲里依紗氏が嵐の二宮和也氏にそっくりだった : ARTIFACT ―人工事実―
Logo
 
この記事は書いてから 2年 経過しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - NHKのドラマ『逃げる女』での仲里依紗氏が嵐の二宮和也氏にそっくりだった
Pocket

逃げる女公式サイトトップ画像
逃げる女 | NHK 土曜ドラマ[↑B]
 NHKで現在放映中の土曜ドラマ『逃げる女』は、子供殺しの罪の冤罪で8年間刑務所に入っていた元養護施設の女性職員が、事件で彼女のアリバイを崩すウソの証言をした親友で同僚の女性を探す旅を描く。その旅には、彼女を自白に追い込んだ刑事と、殺人をした若い女が絡んでいく。
 以前の土曜ドラマ『64』と同じで、笑いどころがまったくない、重いドラマなんだけど、非常に引き込まれる。彼女の逮捕によって、加害者の家族が崩壊する有様など、一度罪を犯した者として認定された人間に向けられる社会の視線を見せつけられるのだ。こういったことは新書『加害者家族』で描かれているので、知識としては知っていたが、あらためて映像として見せられるとその不条理さにやりきれなさを抱く。上野耕路氏のどことなく不安にさせる音楽も良い。
 ドラマの中で、ネットによって主人公の情報が広まる様がよく描かれるのだが、そんな描写を大ベテランで78歳の鎌田敏夫氏を書いているというのに驚く。そもそも、こんな重い話を書く人だとは思わなかったのだが。
 全6回で、今日でもう第5回なのだが、再放送など機会があったら、ぜひ見て欲しい。

 で、最初にドラマを見て、殺人者の若い女性を演じる仲里依紗氏を見た時に、あまりに嵐の二宮和也氏にそっくりで驚いた。以前から、顔が似てるとは言われていたようだが、このドラマでは特に似ている。サイトのトップ画像で、その似ているぶりを確認して欲しい。
 普段の仲里依紗氏を見ても似ているとは感じなかったのが、以前から顔が似ていると言われていたようだ。このドラマではわざと似るようにメイクしているのではないかと思ってしまう。

スポンサードリンク


 ドラマ初回で、こんな感想を書いていたのだが、Twitterで検索してみると、似ていると思っている人はいるようだ。


About

1997年から運営している個人サイト。2002年にブログ化。オタクネタを中心で書いていたが、最近はウェブサービスの話題が多い。
サイトの詳細
旧Movable Type版(2002/12から2006/11まで)
2002/12以前

Twitter Flickr
ARTIFACT@ハテナ系
はてなダイアリー
ARTIFACT BOOKMARK
はてなブックマーク
ARTIFACT clipper
tumblr
ARTIFACT@photologue
tumblrで運営している写真ブログ

AD

Recommend


61 queries. 0.331