お遍路漫画『アルキヘンロズカン』がすごかった : ARTIFACT ―人工事実―
Logo
 
この記事は書いてから 4年 経過しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - お遍路漫画『アルキヘンロズカン』がすごかった
Pocket

 Amazonの関連表示か何かで知った『アルキヘンロズカン』、レビューを見て興味を持ち、いつか買おうと思っていたけど、Kindle版があるのでセール待ちしており、今回のセールでやっと買ったのだが(セールは6月6日まで?)、これは面白い! セールを待たずに早く読めば良かった。Kindle版はセール価格1巻350円で上下合わせて700円である。
 売れない漫画家が、漫画を諦めるためにお遍路を始め、その道中を描く。お遍路さんに対する四国の人の優しさに感動するが、だんだん引け目を感じていく。しかし、お遍路を悪用する「職業お遍路」という人たちもまたおり、そんな人たちに登場人物はだまされたり、利用されたりする。
 体験談のように見えるが、基本的にフィクションで、作者の実体験や人から聞いた話を盛り込んだという。しかし、やはり私小説的に感じる部分もあり、特に漫画という道を諦めるという話には、フィクションを超えたものを感じる。もともとはコミティアで出した同人誌で、それを商業で出したそうだ。
 作者のしまたけひと氏は、いろいろな名義を使い分けていて、以前は成年漫画を多く描いていたようだが、この『敗走記』は『アルキヘンロズカン』と同じ、歩きレポ漫画のようなので、こちらも買ってみた。

※感想リンク
週末に読む:歩きながら苦しむお遍路道『アルキヘンロズカン』|佐々木俊尚 blog[↑B]
アルキヘンロズカン 上・下 [作]しまたけひと - 南信長(マンガ解説者) - コミック | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト[↑B]
ホントは恐ろしい遍路旅。善悪を超えたカオティックな傑作。しまたけひこ『アルキヘンロズカン』 - 深町秋生のコミックストリート[↑B]
慟哭の書 『アルキヘンロズカン(上・下)』 しまたけひと / 双葉社アクションコミックス: 烏丸の「くるくる回転図書館 公園通り分館」[↑B]
オタ空日記 アルキヘンロズカン[↑B]
なまあそび 「アルキヘンロズカン」 四国八十八ヶ所の寺を巡る旅[↑B]
アルキヘンロズカン感想 - カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記[↑B]
マンガソムリエ煉獄編 :: アルキヘンロズカン[↑B]


About

1997年から運営している個人サイト。2002年にブログ化。オタクネタを中心で書いていたが、最近はウェブサービスの話題が多い。
サイトの詳細
旧Movable Type版(2002/12から2006/11まで)
2002/12以前

Twitter Flickr
ARTIFACT@ハテナ系
はてなダイアリー
ARTIFACT BOOKMARK
はてなブックマーク
ARTIFACT clipper
tumblr
ARTIFACT@photologue
tumblrで運営している写真ブログ

AD

Recommend


60 queries. 0.326