Kindle ダイレクト・パブリッシングを考える : ARTIFACT ―人工事実―
Logo
 
この記事は書いてから 5年 経過しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Kindle ダイレクト・パブリッシングを考える
Pocket

Kindle ダイレクト・パブリッシング: Amazon Kindleストアで出版[↑B]
 Kindleがスタートして、一部で大変盛り上がっている「Kindle ダイレクト・パブリッシング」(以下KDP)だが、とりあえず体験談を知りたくて、『3Dプリンタの社会的影響を考える』を書いた小林啓倫さんの『キンドルで本を売る。―キンドル・ダイレクト・パブリッシングを通じた個人出版のアドバイス』を読んでみた。

 この本で小林さんは初期にHTML手書きでサイトを作ったことを思い出すと書いており、KDPで楽しそうなのが伝わってくる。
自費出版プラットフォームとしてのKindle:個人的体験談(小林 啓倫) - 個人 - Yahoo!ニュース[↑B]

スポンサードリンク

 ただ、ePubやPDFといった電子書籍データを有料で配信するサービスなら、すでにパブーなどがある訳で、Kindleの面白さというのは、有名な出版社が出している他の本と自分の本がAmazonで並ぶところなのだろう。小林さんがこの本の中で、例に出しているように、3Dプリンターのようなニッチな話題なら注目の割にまだ書籍が少ないため、出版社の本と自分の本が簡単に並ぶのだ。
 紙の出版で旬の話題についての本を出そうとすると、新書であっても、どうしても旬のタイミングと1,2ヶ月はずれてしまう。しかし、Kindleなら、このずれをかなりなくせるだろう。旬の話題、たとえば新たに人気になったウェブサービスの使い方本などが考えられる。特にウェブサービスはちょっと時間が経つと書いた内容が古くなってしまうので、アップデートをしやすい電子書籍に向いているだろう。個人的にはinstagramやflickrといった日本語化されていない、でも人気のある英語圏の写真ウェブサービスの使い方なんかは、今からでも本の需要があるのではないかと考えているのだが。

 面白いのはわかったけど、じゃKDPでどのぐらい儲かるの?という話は、『キンドルで本を売る。』では『3Dプリンタの社会的影響を考える』の数字をストレートに書いている。数字を知りたい人はどうぞ本を読んで欲しい。
 現時点のKDPは著者に35%しか入らないし1 、ドル建てでの支払いなので、送金や換金のための手数料が2500?4000円程度かかる。また、米国所得税の源泉徴収もかかってくる。ただし、これは手続きをすれば免除されるが。という訳で、思ったほど儲かる訳ではないというところだ。
日本 KDPについて知り得たこと[↑B]
 35%というのは、他の誰でも出せる電子コンテンツ配信サービスに比べると相当低い料率なのだが、その点を批判する人をあまり見かけないのは意外だった。他の会社がやれば、いろいろ言われるだろうが、Amazonだからか。
 また、この35%という料率のおかげか、情報商材系の人たちはほぼスルーしているようで、当初日本でKDPが始まったら情報商材だらけになるのではないかといった心配もあったが、現時点では杞憂に終わったようだ。単にKDPに気付いてないだけかも知れないが…。

 Amazonのサービスとしての強力さを信じて35%で我慢するか、それとも他のサービスを使うか。サービスとして強力さは、実際、自分も実感している。他の電子書籍配信サービスはあまり使わないのに、1クリックで買えるということもあり、ついつい買ってしまうことが多いのだ。
 また、Kindleの勢いは、Amazonアソシエイトのアフィリエイトでも感じる。Kindleストアが始まった当日はジョジョの一気買いをする人がいたし、セールということもあって、津田大介さんの『ウェブで政治を動かす!』は40冊近く、『虐殺器官』は30冊ぐらい売れた。合計するとKinlde本だけで200冊近く売れている。もちろん、これは始まったばかりの熱がある時期だからだと思うが、定着しそうな勢いは感じる。セールが終わったあとも、この二冊はランキング上位にいるのが興味深い。

 現状、あまり儲からないといっても、有料メルマガのように毎週のように締め切りに追われることもないのだし、本を次々と出していけば、メルマガと違い、ストックとなっていき、長期間に渡って売れていくというのは強みだ。
tykのノマド日記: kindel出版をやって直感した4つの価格帯の4つの有望コンテンツ[↑B]

kindleで100万部を売った人の本を読んだが、彼も、99セントのフィクションを20冊くらい書いているようだ。つまり、一発の本で100万部うったのではなく、20冊の99セントの本で100万部。超ロングテールビジネスというのが基本である。

 このような指摘もある。アフィリエイトで月3万円儲かるサイトを複数運営すれば儲かるという話にも似てるが、サイトのように運営の手間がない分、楽だろう。

 Kindleストアのランキングでは、この本が常に10位以内にいるのを見かけるのだが、書店では買いづらい話題のノウハウ本というのは電子書籍では強そうだ。

 現状、ランキング上位にくる書籍は低価格なものが多く、価格設定について考える書き手も多い。
Kindleインディーズ本の適正価格は? - Togetter[↑B]
 なお、Kindleのアフィリエイト料率が10%という前提で話が進められているが、これは2013年1月31日までの特別プロモーションなので注意。
Amazon アソシエイト(アフィリエイト)[↑B]

 また、最近パブーがKindleにも配信できるサービスを開始した。問題点となっている米国の税金や銀行の手数料が解決できるというのは魅力的だ。
Kindleストア等外部ストアへ配信できるパブーのプロ版正式版をリリース。 - パブー | ブクログのパブー[↑B]
米国の税金も銀行手数料も不要! パブーがKindle正式対応、事実上の出版社に - Togetter[↑B]

 EPUB2ではなく、EPUB3を作ることができるアプリやサービスはまだまだ少ないが、こんなサイトもある。
EPUB3::かんたん電子書籍作成[↑B]

 個人出版の電子書籍にスポットを当てたレビューサイトも登場している。
キンドる速報 - 電子書籍の個人出版を応援するレビューサイト[↑B]

 特にオチはないのだが、今、KDPで売れる本を書くとしたら、KDPについていろいろ書くという「ゴールドラッシュでジーンズを売る」なんだろうなーと思う。

※関連記事
ヒビノアワ: 電子書籍はじめました[↑B]

※知っている人がKDPで出している本

賢者の贈り物
結城浩
結城浩(2012-11-28)
安田理央のAVレビュー大全1987-2012
安田理央(2012-11-24)
売り上げランキング:
  1. 70%は現状選べない。また選べるようになっても、通信料の負担があるので70%まるごと入る訳ではない []

これまでのコメント

  1. booknews より:

    [はてブ]Kindle ダイレクト・パブリッシングを考える : ARTIFACT ―人工事実― http://t.co/PYOdr2IW #shuppan

  2. 安田理央 より:

    あ、おれの本までwww RT @jpub_news: Kindle ダイレクト・パブリッシングを考える : ARTIFACT ―人工事実― http://t.co/4OfxTkwM

  3. しの(Q) より:

    “Kindle ダイレクト・パブリッシングを考える : ARTIFACT ―人工事実―” http://t.co/MARJynt1

  4. yomoyomo より:

    Kindle ダイレクト・パブリッシングを考える : ARTIFACT ―人工事実― http://t.co/aLxCJdV4

  5. RPM より:

    “Kindle ダイレクト・パブリッシングを考える : ARTIFACT ―人工事実―” http://t.co/1mFC0tiE

  6. 結城浩 より:

    かのせさんの安定したまとめ。ふむふむ。 / “Kindle ダイレクト・パブリッシングを考える : ARTIFACT ―人工事実―” http://t.co/WePuA01E

  7. yimamura より:

    ×虐殺機関○虐殺器官

  8. 西岡 より:

    Kindleは他の自己電子出版プラットフォームと比べて、出版社の本と同列に並ぶので楽しいが、一方で35%という利率は相当低いし米国所得税の源泉徴収なんかもあって微妙だという話 / “Kindle ダイレクト・パブリッシングを考える :…” http://t.co/TfobJQFX

About

1997年から運営している個人サイト。2002年にブログ化。オタクネタを中心で書いていたが、最近はウェブサービスの話題が多い。
サイトの詳細
旧Movable Type版(2002/12から2006/11まで)
2002/12以前

Twitter Flickr
ARTIFACT@ハテナ系
はてなダイアリー
ARTIFACT BOOKMARK
はてなブックマーク
ARTIFACT clipper
tumblr
ARTIFACT@photologue
tumblrで運営している写真ブログ

AD

Recommend


61 queries. 0.413