SDメモリーカードの価格を振り返る : ARTIFACT ―人工事実―
Logo
 
この記事は書いてから 4年 経過しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - SDメモリーカードの価格を振り返る
Pocket

 過去の記事のタグづけなどの整理をしていたら、SDメモリカードの価格について言及している記事が気になった。
2GBのSDメモリーカードが9,999円 : ARTIFACT ―人工事実―[↑B]
microSDメモリーカードの1GBが1,000円を切る時代 : ARTIFACT ―人工事実―[↑B]
 2006年では2GBのSDメモリーカードが9,999円なのが安かったようで、2008年はmicroSDメモリカードだが1GBが1,000円を切ることに驚いている。
 上の記事でも触れている日経トレンディネットの秋葉原メモリーカード価格についての連載は2009年4月を最後に止まっている。メモリーカードがあまりに安くなってきたので、わざわざ連載にする価値がなくなってしまったのだろう。
激安メディアを探せ! 秋葉原メモリーカード価格速報 - 日経トレンディネット[↑B]

 昔は安いメモリーカードを買っていたのだが、デジカメのRAWで撮影するようになってから、書き込み速度が気になるようになった。2009年に2380円と手頃な価格だったサンディスクのClass10 4GB(並行輸入品ではない)を買って、その速度の違いに驚いてから、サンディスクへの信頼度が高くなった。
 情報を調べると、サンディスクか東芝の評判がよく、並行輸入品なら安く買えるということで、2011年5月に2,050円で並行輸入品の東芝の8GB Class10のカードを買ったが、これは現在では780円と半額以下だ。

 今は安いSDメモリーカードなら、1,000円で16GBが買えるし、2,000円もあれば32GBが買える。ここまで安くなったら、数百円を節約するよりも、きちんとしたブランドで高速なメモリーカードを買うのを勧めたい。
 サンディスクや東芝といったメーカーのメモリーカードは高速で、並行輸入品だと保証がなかったりするが、価格が安い。これから買うのならUHS-1対応のカードだろう。対応機器でなくても、USB3.0と対応したカードリーダーがあれば、PCへの転送が高速になる。
 並行輸入品は偽物が紛れていることもあるのでショップの評判には気を付けよう。自分はAmazonだと、jnhショップと@memoryというショップを使ったことがある。マーケットプレイスの業者の場合、Amazon直と違って、すぐに送られないことが多いので注意したい。

 Amazonから直接買いたい人はTranscendがいい。

 最速のメモリーカードが安く欲しい人はこれだろう。正規品だと倍の価格である。

 8GBだと価格はもうちょっと手頃になる。


これまでのコメント

  1. rhythmsift より:

    ブログを更新 SDメモリーカードの価格を振り返る – http://t.co/eM9k5wi1

  2. ブログを更新 SDメモリーカードの価格を振り返る – http://t.co/eM9k5wi1

  3. RT @kanose: SDメモリーカードの価格を振り返る http://t.co/XkpVzFkE

  4. ろっぱ より:

    Eye-FiからClass10のSDカードに乗り換えて使ったら書き込み速度に驚いた。こんどは更に高速版のカード使いたくなったな / “SDメモリーカードの価格を振り返る : ARTIFACT ―人工事実―” http://t.co/FPpGuNW2

About

1997年から運営している個人サイト。2002年にブログ化。オタクネタを中心で書いていたが、最近はウェブサービスの話題が多い。
サイトの詳細
旧Movable Type版(2002/12から2006/11まで)
2002/12以前

Twitter Flickr
ARTIFACT@ハテナ系
はてなダイアリー
ARTIFACT BOOKMARK
はてなブックマーク
ARTIFACT clipper
tumblr
ARTIFACT@photologue
tumblrで運営している写真ブログ

AD

Recommend


59 queries. 0.415