知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実―
Logo
 
この記事は書いてから 5年 経過しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか
Pocket

Twitterがいつの間にか変わっていた | ネットって気持ち悪いですか | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト[↑B]
 先日の岡田有花氏のTwitter記事に対して、あきみちさんがこんな記事を書いていた。
Geekなぺーじ:初期の熱狂が永遠に続くわけではない[↑B]

とはいえ、一方で、熱狂は熱狂として波に乗って楽しんだり、プレゼンスを確保したりというのも非常に重要な話だと思います。 といいつつ、ここ今年は「これが次は来そうだよね」というような「決め手」がイマイチ見えにくいという現状もあります。 mixi、ブログ/ソーシャルブックマーク、YouTube、Twitter/Ustream、Facebookと「大きな流れ」があり、Web業界的には、そこら辺を抑えようねという部分が明確な部分もあったと思うのですが、今年を考えると「コレだ!」というのが見えにくいんですよね。 「スマホ」関連があげられるかも知れませんが、Webサービス的に見て「コレだ!」が見えにくいというかなんというか。

ということで、次の熱狂の対象は何になりそうかなぁとwktkする今日この頃です。

 自分も記事を書いたが1 、やはりあの記事は何か言いたくなる魔力があるのか…!

 それはさておき、自分はこういう「これが次は来そうだよね」というのを求める気持ちはあまりなくなっている。ブクマコメントでは「疲れた」と書いたが、飽きてきたというのが実際のところだろう。少なくとも、コミュニケーションをメインにしたいわゆる「ソーシャルメディア」と言われるようなサービス、特にまず誰かをフォローする、みたいなことから始まるサービスはお腹一杯である。
※最初、記事を読んだ時、あきみちさんは新しいサービスにすぐ飛びつくタイプなのかと思ったが、確認したところ、ご本人はそうではなく、逆に人が使っているのを見てから使うタイプだそうだ。

 最近では、そういう「これは次!」みたいに扱われたサービスはPathやPinterestだったが、Pathは入らず、PinterestもIDは確保するためにアカウントは取ったが、ちょっと試して、特に続けて使うことはないと判断した。これらのサービスの使われ方の現状は言うまでもない。
 日本でも、そこそこ流行って数年経っているtumblrが、なぜか最近になって書籍が出たりして再度注目を集めているのも、この「次」にtumblrがなればいいなーという気分があるのかも知れない。

スポンサードリンク

 前回の記事で、Google+の今後を心配したが、Google+がスタートした時の熱気のある記事を見ると、Google+が既存SNSを脅かす!みたいな勢いであった。サークル機能がいかにすばらしいかなどが語られていたが、時間が経ってみれば、サークル機能はわかりにくいだけであり、今ではmixi以上に、どうなるのか不思議なサービスになっている。
 新しいネットサービスが流行ると、そこからスターが生まれることがあるが、Google+では起きたのはご存じのような話だ。
普通の女子大生がなぜ、Google+で「日本一」になったのか - nanapi Web[↑B]
 ソーシャルメディアのバブルはソーシャルメディアの人気というものを過剰に捉えて、それに踊らされる人が出てきている。


 これはFacebookが日本で流行った時のあれっくすさんのTweetだが、最近流行りそう!みたいに持ち上げられたWebサービスはどちらかといえばセカンドライフ臭が強いと感じる。自分の中では、セカンドライフ臭とセカイカメラ臭は近い。

■Twitterの次はあるのか?

 Twitterは流行りだして、もう5年は経っているが、知らない人と繋がるサービスにおいては、Twitter以上に革命的なものは少なくともここ数年は出てこないと考えている。
 音声や動画方面はまだ道があると思われるかも知れないが、このような時間を拘束するメディアは親しい人とのコミュニケーション手段としてはともかく、知らない人とのコミュニケーション手段として、写真や文字のような短い時間で情報を得られるタイプに勝つことはないだろう。

 Facebookが日本でも話題になった2010年の秋頃、こういった記事が話題になった。
話題のネットサービスには、乗っておくべき理由がある! - ココロ社 ♪ほのぼの四次元ブログ♪[↑B]
ネットサービスは熱いうちに使い始めろ! - 北の大地から送る物欲日記[↑B]
 これまで、ネットでソーシャルサービスの流行といえば、ブログ、SNS、ミニブログとあった。SNSは日本だとイコールmixiで、ミニブログはTwitterだが、その流行のたびに「こんなサービスは流行らない」と言われていたことをふまえての話だ。自分もココロ社さんやへじほぐさんと同様に、新しいネットサービスはすぐに使い始めたほうがいいと考えていた。
 しかし、2年経って状況を振り返ってみると、その考えは変わってきた。Facebookが流行り始めた頃、Twitterは衰退すると予測する人もいた。FacebookとTwitterはサービスの性格が違い、どちらも使われており、Twitterが衰退したということはない。そもそもFacebookは日本以外では既に流行っていて、北米ではFacebook、Twitterの順番だったのであり、日本のmixiの位置だったのだ。Twitterの流行を見て、Facebookはリアルタイム性を強く意識したサービスになったのである。

 ネットサービスがかなり盛り上がるためにはいろいろ条件が必要なので、そう何度も同じようなことが起こる訳でもない。mixiの時は、mixiの方がブログよりコミュニケーション機能が強かったし、Twitterの時は、mixiの日記を書くという行為がブログなみに重く(わざわざタイトルまでつけないといけない)、実は140文字で言いたいことが充分言えたというのが新鮮だったし、普及し始めたスマートフォンとTwitterの相性が良かった。Facebookが(日本で)流行った時は、オープンなTwitterではなくクローズドにやりとりできる場所が欲しい、かといって今更mixiに行く気はないし…という需要があったからだろう。

ソーシャルメディアがキャズムを越えるとアーリーアダプターが抜けていく/ウェブで情報を残すということ - Togetter[↑B]
 ソーシャルメディアが社会のインフラとして扱われることも増えてきたが、流行り廃りが激しいものはインフラには向かない。

 今までの話は、ユーザー側の視点だったが、サービス提供側としても、ソーシャルメディアというのは儲けるのが難しいサービスとして認識されてきている。
やまもといちろう×楠正憲「ネット業界“ソーシャルの次”を本気で考える」(前編)?楽しさだけを突き詰めても先はない - エンジニアtype[↑B]
欲求とリスクを知って壁を越えろ?やまもといちろう×楠正憲「ネット業界“ソーシャルの次”を本気で考える」(後編) - エンジニアtype[↑B]

 オープンな場所でコミュニケーションと簡単な情報発信を楽しみたいのならTwitterは一番だし、Twitterで書き足りないのならブログを使えばいい。身内の間だけでひっそりとやりとりしたいのなら、FacebookやmixiといったSNSがあるし、Google+のように人が少ないサービスを使うのもいい。少数の人間の間でやりとりしたいのならば、skypeやLINEなどのグループチャットが便利だ。様々なコミュニケーションの需要を満たすサービスは出尽くしている。
 考えてみても欲しい。Twitterでさえ、知らない人と繋がって、面倒なことが起きるのに、たとえば音声版Twitterみたいなものを使おうという気になるだろうか?

■都市空間を田舎化するソーシャルメディア

 スマートフォンの普及によって、場所など、今までなら「リアル」と言われていた情報をより的確にユーザーに届けることができてくるだろうし、場所や店舗、旅行などでの繋がりを強化する方向が「次」なんじゃないかと、ありがちなことを考えていた。知らない人との繋がりを作るにしても、ネット上ではなくて、場所などをキーにして繋がるようになるということだ。
 しかし、そういう繋がりが面白いと思うような人たちは、匿名性が高いために孤独を感じる都市圏の住人だけではないか。地方なら、わざわざサービスを使わなくても、強制的に繋がりができてしまう。

貧困問題を人間関係で解決できる人ばかりではないよねという話と都市空間に生まれる田舎的コミュニティ - ARTIFACT@ハテナ系[↑B]
 以前、こういう記事を書いたが、ソーシャルメディアとは、都市空間に田舎的なコミュニティを持ち込むものと考えると、「知らない人と繋がりたい」という欲望は、非常に都市的なのだ。地方では、どこに行っても知っている人ばかりで、知らない人と繋がろうとすると、物理的に行きにくい場所に住んでいる人たちを相手にするしかない。都市圏なら、知らない人と繋がり、その人と直接会えるような機会は多い。「知らない人と繋がりたい」という欲望を叶えるツールは、現状かなり整備されている。既存のサービス以上に、個人の情報を発信するサービスというのは、これまで以上に監視されやすい場所を作るだけで、そんな監視空間を望むことは考えにくい。
 逆にいえば、こうした監視から逃れたいという需要は考えられる。ソーシャルメディアは個別のIDを持つため、いくら匿名であっても、そこに他人が認識する人格が生まれる。継続的な人格を持たずに、ソーシャルメディア的なことができる場所というのは需要があるかも知れない。ニコニコ動画のコメントがイメージしているものに近い。
 知らない人と直接繋がるのは面倒だが、人の賑わいを感じる場所にはいたい。知らない人と直接繋がりたいという欲望には限界があっても、この欲望の需要には限界がなさそうだ。「次」があるとしたら、これかも知れない。

※この記事の補足を書いた
匿名のネットサービスは意外と表現のスタイルが限定される―「知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか」補足 : ARTIFACT ―人工事実―[↑B]

※関連
みんなそんなにインターネットで「新しいつながりをつくりたい」の? - インターネットもぐもぐ[↑B]

  1. 初期のネットコミュニティが楽しいのはいつもの話なので、居心地がいいネットコミュニティは自分で作るしかない - ARTIFACT@ハテナ系[↑B] []

これまでのコメント

  1. 生まれた時からSNSな世代とかも飽きたりするのかは興味がある。 / “知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実―” http://t.co/IHlLTd9g

  2. X68k より:

    これから触れる若年層を無意識に排斥してる思考の怖さ…… RT 知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実―
    http://t.co/nd0AgTDO

  3. 知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実― http://t.co/IJQmfX3N

  4. “知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実―” http://t.co/sXRxCOyV

  5. pha より:

    "知らない人と直接繋がるのは面倒だが、人の賑わいを感じる場所にはいたい。" / “知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実―” http://t.co/35S3ij9A

  6. やすゆき より:

    知らない人と直接繋がるのは面倒だが、 人の賑わいを感じる場所にはいたい。知らない人と直接繋がりたいという欲望には限界があっても、この欲望の需要には限界がなさそうだ。| @kanose: 知らない人と繋がるネットサービスはもういらない – http://t.co/dyOmtiDy

  7. 生まれた時からSNSな世代とかも飽きたりするのかは興味がある。 / “知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実―” http://t.co/IHlLTd9g

  8. あきみち より:

    そもそも「知らない人と繋がりたい」というのは、実はニッチなジャンルかも知れないです。ネット上だと普通に見えますが、出会い系以外だと普通はそこまで求めてないかも。。。:知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか http://t.co/ep8RwQMt

  9. たしかに今年はhotなSNSサービスはとくになかったし、次なんだろうなー、って空気すげぇある reading 知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか http://t.co/8zbo99im

  10. FUJIPON より:

    結局、「繋がる気質」の人には便利になって、「繋がれない気質」は昔と変わらないので、さらに格差が広がっただけなのかもしれない。 / “知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実―” http://t.co/yISDJRGW

  11. しの(Q) より:

    kanoseさんもスタンスがやや変わってきたな、と感じさせる。思えば2012年とはそういう年だったかもしれない。 / “知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実―” http://t.co/P1ah5xpv

  12. momo より:

    kanoseさんもスタンスがやや変わってきたな、と感じさせる。思えば2012年とはそういう年だったかもしれない。 / “知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実―” http://t.co/P1ah5xpv

  13. momo より:

    kanoseさんもスタンスがやや変わってきたな、と感じさせる。思えば2012年とはそういう年だったかもしれない。 / “知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実―” http://t.co/P1ah5xpv

  14. 通りすがり より:

    Tumblrは人とつながる楽しさでなく、自分自身が楽しかったらほかに何もいらないことを教えてくれた。

    最近になって、私たちも使い始めてみた。 Tumblr は、とても使いやすい。 そして相互にフォローしたユーザー間で、写真、ビデオ、オーディオ、テキストを共有できる。 さらに言えば、気軽なブラウジングを、とても面白いものにしてくれる。 最終的に、それ自身と、ユーザーたちは、YouTube のときのような、いくつかのコピーライト問題に直面するかもしれないが、ほとんど全てのソースが Web から得られ、その利用が認められているとするなら、大半が問題なしと見なされるのかもしれない。

  15. neta より:

    知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実―
    http://t.co/xmq9V0H3

    _人人人人人人人人人人人人人人人_
    > データベース接続確立エラー <
     ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

  16. igi より:

    色々と思うところがあるのでこれメインで / 知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実― http://t.co/9Xdu1alt

  17. るーしぇ より:

    「考えてみても欲しい。Twitterでさえ、知らない人と繋がって、面倒なことが起きるのに、たとえば音声版Twitterみたいなものを使おうという気になるだろうか?」 / “知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろう…” http://t.co/ChuKAR7x

  18. 「知らない人と直接繋がるのは面倒だが、人の賑わいを感じる場所にはいたい」これだなー、これ。 / “知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実―” http://t.co/ex2JGHLk

  19. 『いわゆる「ソーシャルメディア」と言われるようなサービス、特にまず誰かをフォローする、みたいなことから始まるサービスはお腹一杯』 知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実― http://t.co/C9Td0Ap6

  20. セカンドライフ臭とセカイカメラ臭は近いwwwwwww RT @kanose: 知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか http://t.co/L6flAcLF

  21. 「最近流行りそう!みたいに持ち上げられたWebサービスはどちらかといえばセカンドライフ臭が強いと感じる。自分の中では、セカンドライフ臭とセカイカメラ臭は近い。」みんなの心の中にセカイカメラがまだ生きているのがわかって満足した。 http://t.co/6WtEoprN

  22. 各論のリンクがまとまってるので面白かった『知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか』 http://t.co/VKD131S8 【Artifact人工事実】

  23. ちえ より:

    知らない人とはもうお腹いっぱい / “知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実―” http://t.co/zwt428n3

  24. 西岡 より:

    切込隊長は「ネット需要は主に『知りたい』と『伝えたい』に集約」と言ってて、前者はGoogle、後者はTwitterが最も敷居低く完成されてて「それ以上」は難しいかなと。なんでまたハードウェアの時代くるで(組込系アッピ / “知らない人…” http://t.co/GhyPVQpl

  25. サードインパクトとか人類補完計画とかいらない。人類が強制的に1つにさせられる必然性がない。。 / “知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実―” http://t.co/J84tkb1u

  26. むそー より:

    面白い。確かにらもう出尽くしてるよね。/ 知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか | ARTIFACT ―人工事実― /read in @feedly http://t.co/QXKgT6pL

  27. たけし より:

    流し読みだけど、ぼくは「知らない人と繋がるネットサービス」はまだあると思う。もっと趣味性の強い繋がりだけど。それより電話帳アップさせた時点で「知ってる人と繋がるネットサービス」のほうが煮詰まり感がある。>知らない人と繋がるネットサービス… http://t.co/VlTeqHJp

  28. RPM より:

    「生身の体で不特定多数に繋がりたい」という欲求はニコ生が満たしてる印象がある。そういう意味では「音声版Twitter」よりすでにステージが進んでる気もするけど、一般化してるとはとても思えない感じ。 / “知らない人と繋がるネットサービ…” http://t.co/T0U1xab3

  29. “知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実―” http://t.co/zBq8BdzO

  30. りあん より:

    [Web]確かに最近はもう新しいWebサービス漁るの飽きてきた感じあるなぁ。branchとかも良さそうなのに全然使ってないし。 / “知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実―” http://t.co/n6XIj824

  31. 知らない人とつながる?つながらない?? http://t.co/sl0L5spx

  32. 最後に「ソーシャルもええねん」があれば完璧ですね!ってはてブしようと思ったらホントにその通りだったのである意味完璧です…がなにかしてやられた感があるのは何故だ。 / “知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか …” http://t.co/dPj3ZF2Q

  33. サイと より:

    元フラッシュ倉庫管理人的にはSkypeでチャットしてるし、それでいいと思ってる。 知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実― – http://t.co/NZhq3v2A

  34. "知らない人と直接繋がるのは面倒だが、人の賑わいを感じる場所にはいたい。知らない人と直接繋がりたいという欲望には限界があっても、この欲望の需要には限界がなさそうだ。「次」があるとしたら、これかも知れない。" http://t.co/fSwkRimj

  35. つやつや より:

    “知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか : ARTIFACT ―人工事実―” http://t.co/8Oy9w4uh

  36. igi より:

    「生身の体で不特定多数に繋がりたい」という欲求はニコ生が満たしてる印象がある。そういう意味では「音声版Twitter」よりすでにステージが進んでる気もするけど、一般化してるとはとても思えない感じ。 / “知らない人と繋がるネットサービ…” http://t.co/T0U1xab3

  37. する。 より:

    ニコ生が載ってない・・ユーストがあるのに。
    と思ったら他の人がニコ生について言及していて良かった。
    ニコ生でおもしろい生主を見つける→ツイッターでフォローする、という流れで知らない人同士でつながりができる。
    まぁ、一般的なレベルにはきてないのかもしれないけど。
    あとピグやオンラインゲームはどうだろう?そういったところでも知らない人同士のつながりでできるみたいだけど。私はやらないので分からないが。
    知らない人とつながるネットサービス・・というタイトルの割に、いろいろと抜けていて、現実を分析できていないという印象が拭えないなー。

About

1997年から運営している個人サイト。2002年にブログ化。オタクネタを中心で書いていたが、最近はウェブサービスの話題が多い。
サイトの詳細
旧Movable Type版(2002/12から2006/11まで)
2002/12以前

Twitter Flickr
ARTIFACT@ハテナ系
はてなダイアリー
ARTIFACT BOOKMARK
はてなブックマーク
ARTIFACT clipper
tumblr
ARTIFACT@photologue
tumblrで運営している写真ブログ

AD

Recommend


60 queries. 0.419