街のサブカルさとカフェの数の関係 : ARTIFACT ―人工事実―
Logo
 
この記事は書いてから 10年 経過しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 街のサブカルさとカフェの数の関係
Pocket

 サブカル度の強い街はカフェが多いと思っていたのだが、中野の情報を調べていて、サブカルの街とよく言われる中野がカフェ砂漠であるのに気付いた。この場合のカフェは古風な「喫茶店」ではなくて、個人経営の洒落たカフェを指す。中央線沿線を見ると、高円寺と吉祥寺はカフェが多いのに。

 そもそも、中野がサブカルの街と言われるのは、ブロードウェイの中にいっぱいあるまんだらけのせいなのだろうが、このため、サブカルといっても男性度が高く、女性度数が低い。下北沢や吉祥寺などは女性度数が高いのではないか。端的に言うとヴィレッジヴァンガードは女性サブカルになる。雑貨がポイントか。
 他に似たような文化の街と言われながら、カフェが少ないところというと、神保町や秋葉原を思い出す。神保町だと喫茶店は多そうだけど。この辺りも男性度が高いために、カフェは少ないのではないか。
 また目白もカフェが多いという話が出ていたのだが、こちらは住宅街の地元民に使われるカフェっぽい。また女子大があるのも関係しているかも。代官山も地元民が多そうだ。

 なお、東京で一番カフェが多いのは、渋谷、原宿、代官山、表参道辺りの一帯だろう。この辺りは服飾関係、アートギャラリーなども多い。デザイナーも多そう。

※参考
東京カフェマニア[↑B]
電車の路線別 東京のカフェ案内(1) - [カフェ]All About[↑B]
渋谷区にあるカフェ - [カフェ]All About(1/3)[↑B]
渋谷文化プロジェクト | 川口葉子の渋谷カフェ考現学 一覧[↑B]
 全部東京カフェマニア主催の川口葉子氏の情報だった。ほとんどが店の案内だが、「渋谷カフェ考現学」は考察なので、個別のカフェ情報に興味がなくても、シーンを解説する記事として面白い。


これまでのコメント

  1. 匿名 より:

    仙台は人口比では一番喫茶店は多いはずなのにサブカル砂漠ですよ

  2. tad より:

    リチャード・フロリダのクリエイティブ・インデックスに似てますね。あちらはカフェの数もそうですが、他にもゲイの数なんかが都市のクリエイティブ性にかなり大きな意味を持つ指標でした。

    カフェの数以外でサブカル・インデックスを探す研究っていうのも面白そうです。

  3. ish より:

    同感。でもまぁ、女子の多い街に女子好きのするカフェが多い、というのは当たり前と言えば当たり前ですけれど(笑。やっぱりシモキタだなぁ?貧乏人にも優しいし☆

  4. zonko より:

    駅前のスタバがおかげで満杯です。いっそ、マン喫行った方が早い中野です。

About

1997年から運営している個人サイト。2002年にブログ化。オタクネタを中心で書いていたが、最近はウェブサービスの話題が多い。
サイトの詳細
旧Movable Type版(2002/12から2006/11まで)
2002/12以前

Twitter Flickr
ARTIFACT@ハテナ系
はてなダイアリー
ARTIFACT BOOKMARK
はてなブックマーク
ARTIFACT clipper
tumblr
ARTIFACT@photologue
tumblrで運営している写真ブログ

AD

Recommend


51 queries. 0.302