おサイフケータイが一番役立つと感じるのは電車乗り換えの時の買い物 : ARTIFACT ―人工事実―
Logo
 
この記事は書いてから 13年 経過しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - おサイフケータイが一番役立つと感じるのは電車乗り換えの時の買い物
Pocket

Edy画面 携帯電話の電子マネー(EdyとSuica)をある程度使ってきたので感想を書いてみる。

 電子マネーの便利さを実感する局面は、財布を出し入れする時間も惜しいような時で、それは電車に乗って急いで移動中の時ぐらいだった。たとえば、電車の乗り換え時に、飲み物が欲しくなった、しかし乗り換えの電車がすぐきそう!なんて時に、Suicaで買い物ができる駅構内の自動販売機があると、簡単な手続きで済む電子マネーの便利さは実感できる。120円のような細かい小銭を財布から出すのは面倒だし、お釣りがあったら、それを取らないといけない。

スポンサードリンク

 Edyに関しては、自分の場合、近所で使えるのは、レンタルビデオのゲオとマツモトキヨシなのだが、これに関しては「物珍しさで使ってみている」という感がぬぐえない。それほど急いでない買い物だから、現金でもいいよなーと思うことがしばしば。使った時に鳴るあの「チャリーン♪」という音は、気持ちいいのだけど。
 コンビニエンスストアは、am/pm、サークルK、サンクス、ミニストップが全店対応しているそうだだが、近所ではミニストップがちょっと遠いところにあるぐらいで、使う機会がほぼない。コンビニで使えるのは便利そうなのだが。公式サイトを見て初めて知ったのだが、ファミリーマートは沖縄県なら全店、鹿児島県、宮崎県はほぼ全店対応だそうだ。
電子マネー「Edy」 > Edyの使えるチェーン店 > SHOPPING
 ファーストフードが対応してくれれば便利だろうと思うのだが、現在マクドナルドが都内20店舗で対応しているぐらいだ。なぜか新宿にすごい集中してる。喫茶店だとPRONTOがほぼ全店対応しているが、こういったチェーン系カフェも対応店舗が増えると便利さは感じそうだ。
電子マネー「Edy」 > Edyの使えるチェーン店 > FOOD

 Suicaは駅構内店舗だと、かなりSuicaが使え、JR東日本の子会社が運営するコンビニのNEWDAYSや喫茶店のBECK'S COFFEE SHOPでは全店対応している。それ以外だと、チェーン系は、ファミリーマートやジョナサン、サンマルクカフェの対応が増えているようだが、まだまだ全店舗という訳ではないようだ。
JR東日本:Suicaが使えるお店検索
※公式ページからみても、チェーン店対応がわからなかったので、これはいくつかの地域で調べてみての印象

 EdyやSuicaに対応した量販店も増えている。Suicaはビックカメラとヨドバシカメラだが、Edyはケーズデンキ、ノジマ、PC DEPOT、ヨドバシカメラで使える。
 だが、量販店での支払いはそれほど少額にならないことが多く、前の記事で書いたように大きな金額をチャージするのは落とした時などの危険があるし、大きな金額の支払いならクレジットカードなりデビットカードがある。ただ、クレジットカードを使うほどの金額でもないが、現金を使いたくないという時には便利かもしれない。ポイントが現金と同じようにつくというメリットがある場合もあるし。

 なお、モバイルSuicaとは関係ないが、ビックカメラではビックカメラSuicaカードというビックカメラのポイントを1000ポイント単位でSuicaに変えられるサービスがあり、これを使えば、ヨドバシカメラでも使えることになる。ただしポイント変換は、ビックカメラのサイトでポイント変換を申し込み、月末締めで翌月16日以降、チャージできるようになるというちょっと不便な使用。また、チャージはJRのVIEW ALTTEというATMでしかできない。
 ビックポイント機能付きケータイというのもあるのだが、ビックカメラSuicaカードはクレジットカードがVIEWカードであるため、別物になっている。ただ、ポイントカード自体は共通化できる。
ARTIFACT@ハテナ系 - ビックカメラのSuicaチャージは面倒臭いんだけど、ポイントのためにはお得[↑B]

 Suicaが上手いところは、滞在時間が比較的長い駅構内で、売店や自動販売機など、どこでもSuicaを使えるようにしたところだ。Edyも、ひとつの商業ビルのなかの店を全部Edy対応にしたりと、利便性を感じられるような展開をしているが、生活圏内でそうした面展開がされている電子マネーなら、ユーザー側も導入するメリットを感じる。
 対応店舗の多いEdy、Suicaでさえ、こんな状況なので、セブンイレブンでしか使えないnanacoには、興味が湧かなかった。そもそもソフトバンクは未対応だけど。

 ICカード型電子マネーと、携帯電話の電子マネーの一番の違いはチャージだろう。カード型電子マネーは先払い形式がほとんどだが、携帯電話ならクレジットカードに対応しているので、実際の支払いを後にすることもできる。チャージも、ICカード型だと特定の場所でしかチャージできないが、携帯電話なら通信できる場所ならチャージが簡単にできる。
※Suicaの場合、VIEWカード以外でのクレジットカードは年間使用料として1,000円がかかる。初年度は無料

 まとめてみると、携帯電話の電子マネーは1,000円以下の細かい金額での支払いの時には大変便利。2,000?5,000円ぐらいでも、クレジットカードのポイントを増やしたいなどでクレジットカードを積極的に使いたい人には便利という感じ。だから、クレジットカードとの連携に魅力を感じない人なら、Suicaのカードで充分ではある。
 先払い方式のみの頃は、なんで相手の都合に合わせてこっちが先払いしないといけないんだ?と心理的に抵抗があったのだが(電子マネーの運用は大きなコストがかかっているから、会社に有利な先払いにしたいというのはわかるんだけど)、クレジッドカードで後払いできるようになってからは、そういう心理的障壁がなくなったのは嬉しかった。貧乏性!

 最後におサイフケータイの理解に役に立つまとめ記事を。
「誠」:今さら聞けない、おサイフケータイの基礎知識(前編)[↑B]
「誠」:今さら聞けない、おサイフケータイの基礎知識(後編) (1/2)[↑B]
おサイフケータイNavi - ドコモ・au・vodafoneのお財布携帯お得情報を配信![↑B]


これまでのコメント

  1. [mobile]まだ手を出しかねている各種電子マネーサービス…

    おサイフケータイが一番役立つと感じるのは電車乗り換えの時の買い物 : ARTIFACT ―人工事実― じわじわと利用可能店舗が増えてきて、そろそろ使ってみようかなとい (more…)

  2. USBM より:

    「おサイフケータイ」のどこが便利なのかまだ分からない…

    (6月17日 全面改訂) ARTIFACTさんとこのエントリーを読んで。本当か?… (more…)

About

1997年から運営している個人サイト。2002年にブログ化。オタクネタを中心で書いていたが、最近はウェブサービスの話題が多い。
サイトの詳細
旧Movable Type版(2002/12から2006/11まで)
2002/12以前

Twitter Flickr
ARTIFACT@ハテナ系
はてなダイアリー
ARTIFACT BOOKMARK
はてなブックマーク
ARTIFACT clipper
tumblr
ARTIFACT@photologue
tumblrで運営している写真ブログ

AD

Recommend


58 queries. 0.389