顕名・実名の人の言及に対して匿名の人が「失礼」というのは成立するのか? : ARTIFACT ―人工事実―
Logo
 
この記事は書いてから 11年 経過しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 顕名・実名の人の言及に対して匿名の人が「失礼」というのは成立するのか?
Pocket

頭のいい人が成功できるかどうかの境目
 匿名ダイアリーのこの記事に対して、
Life is beautiful: その「頭がいい人は成功して当然」という発想が甘すぎる
Life is beautiful: 「良い町づくり集会」を開いても誰も来ないのに、「けんか・火事」には妙に人が集まってくる
 中島聡氏がこの記事を書き、それに対して、匿名ダイアリーの元記事の作者が誤解している、失礼だと反論した件が興味深かった。議論それ自体に関しては、学歴の話から、中島氏が相手の人物像をステレオタイプに推測してしまい、筆が滑ったという印象。「頭が良い」という定義が人によってかなり違う曖昧な言葉をベースに対話は難しいだろうと認識しているため、議論に積極的に関わる気はないのだが(各人の「頭の良い」の定義づけが読んでいて一番面白かった)、匿名の人が顕名・実名の人に対して失礼と言う事態に興味を持った。ここにおける「匿名」は、ネットにおいて、ハンドルネームなどを使って継続的なネット人格を持ってない人を指している。
匿名日記で書いているのに「失敬・見損なう・侮辱」って意味が分からん
 匿名ダイアリーでも既に指摘があったのだが、この点についてより深く言及している人は見かけなかった。

スポンサードリンク

 これが匿名ダイアリーという場所だから、わかりにくいのかもしれないが、似たような書き込みを2ちゃんねるの名無しさんが書いていて、それに中島氏が反応して書いた記事だったら、おそらくコメントを書いた人による反論はなかっただろう。
 2ちゃんねるまとめブログなどで取り上げられている記事をネタに、記事の元ネタの人物像の推測をブログに書いている人は多くいる。中には、かなり踏み込んで勝手な推測をしていて、顕名相手だったら失礼だと捉えられそうのもある。それに対して、元ネタ本人がブログのコメント欄にやってきて、失礼だと言ってきたというのは見たことがない。これは別に2ちゃんねるだけでもなく、大手小町などでも同様だ。大手小町の場合、2ちゃんねるほどの匿名の高さはないが、かといってブログにおける顕名よりは匿名性が高いという微妙な立場である。
 これまで、匿名ダイアリーは2ちゃんねると同じようなものだと思っていたのだが、今回の件などを見ていると、どうも2ちゃんねるとは違うものだという認識を持たれている気がしてきた。匿名ダイアリーのブックマークやTrackBackを見ていると、匿名ダイアリー内部だけではなく、言及しているブログも多い。それははてなブックマークによって、匿名ダイアリーの記事が発見されやすくなっているからかもしれないのだが、そういった言論空間の形成によって、匿名ダイアリーは2ちゃんねると違って、議論をすることが多いブログ界隈と親和性が高いものとして見られているようだ。

 かつてのウェブサイトでは、自分の発言への反応は、自分の管理している領域、たとえばメールや掲示板といったところでしか見つけらず、外部からの言及の確認は難しかった。個人サイトならアクセスログを設置しておけば、リンクして言及されれば気付くこともできたが、掲示板に書いた場合はアクセスログが見られる訳でないのでリンクされてもまず気付かない。
 しかし、ブログ時代になって、TrackBackを送るということによって言及がわかりやすい形で確認できるようになった。だが、掲示板は相変わらず、掲示板外での言及の確認が難しい。2ちゃんねるのあるスレッドに自分が書き込んでも、反応は2ちゃんねるの該当スレ以外で見つけるのは、難しいだろう。
 匿名ダイアリーははてなIDを持ってないと書けないから、2ちゃんねると違うという面もあるだろうが、匿名で書きながら、自分の書いた記事への言及がわかりやすく明示されているという場所は今までになかった。また、今回の場合、中島氏が記事に対してTrackBackを送ったという行為に象徴されるように、匿名ダイアリーであっても、ブログを書く側は直接相手と対話をする意識があるとアピールしていると認識できる。記事の方でも「ちょっと彼(そのエントリーの作者)の将来が心配になったのでひと言」という書き方をしていて、相手に向けられた言葉であることが伺える。ただ、語られていることは相手の事情を見てというよりも、かねてからの持論主張の面が強く、それが問題を起こしてしまった。
 TrackBackを送らなくても、中島氏はブログの世界で知名度があるためにいずれ記事は元記事の作者に発見されただろうが、TrackBackは相手のスタンスを判断する手段として見られる部分がある。それはブログで言及した時に、TrackBackを送らなかったために卑怯だという主張する人をたまに見かけることからわかるだろう。

 ネットでは、ある記事に言及して記事を書いても、その元記事を書いた人が自分と対話をする意志を持つかのかどうかの判断は難しい。そういった外部からの言及を積極的に受け止めて反応する人なのか、またはまったく受け止めずにマイペースで書いている人なのか、相手の過去の言動を見て、推測するしかない。
 おまけに、たまに作家などがネットでの自作の感想に反論したりすると、大人げないなど言われることがあるように、書いた人の属性も強く意識されている。今回の件でも、匿名氏は「本来あなたのような有名ブロガーに取り上げて頂けるのは誇りとすべきことなのかもしれませんが」と書いているように、これがあまり知名度のないブログで書かれていたら、おそらく反応しなかったと思われる。ネットはフラットだと言われているが、知名度があったり、発言力があると見なされている人間は、ネットの世界でも、現実世界と同じように有名税を支払わないといけない構図になっている。

 タイトルの疑問に関しては、あらたな匿名空間によって、成立する可能性が出てきたんだなあという感想。昔は、そもそも言及が目に入らなかったんだろう。
 ただ、匿名の場所で書くならば、匿名は自分の人格を放棄していると思っていた方が何かと気が楽。というか、そのために匿名で書いているのだと思っていたんだけど、最初から匿名空間に接していたり、顕名から匿名に飛び込んだりと、接し方が違うといろいろ差があるのかもしれない。2ちゃんねるのスレッドでも、お前の言い方が失礼だとかいう礼儀問題が発生するのも見かけるし。ともあれ、匿名空間には匿名空間のルールがあって、顕名と同じスタンスで挑んでもしょうがない。
 逆に顕名の人が匿名の人をネタにする場合、相手が自分の言及を読む可能性が高いと考えられるのなら、相手を尊重した書き方をしたほうがいいと思う。
 なお、個人的にはネット上のやりとりで、礼儀を問題にするのは、かなり無駄骨になると思うので、よほどのことがない限り、言わないというポリシー。
ARTIFACT@ハテナ系 - ネット上の礼儀問題

 たまたま見かけたブログの記事が、自分がかねてから問題意識を持っているものと重なっているために、その記事をきっかけに持論を主張したくなることは多い。しかし、その場合、そのブログの記事作者に対して意見を述べていると読まれないために、あくまできっかけにしか過ぎないことを強調しておいた方がブログセキュリティ的には安全。これは以前も書いたけど。
 言及した相手から直接反応があるかもしれないのがネットだ。まるで、出演者に絶対伝わらないとわかっているから、友達とテレビの無責任な感想を言うようなスタンスでブログを書いていると、いずれ面倒な事態に巻き込まれることになる。

※追記
書き忘れていたんだけど、当人がコメントしているかどうかがわからないのも匿名の問題だ。もちろん顕名でも騙り問題は発生する可能性はあるが、本人しか更新できないブログを持っていれば、コメントを本人だと証明することができる。しかし匿名ではそれが不可能である。

※「頭がいい」議論関連
頭がいいのに成功できない10の理由 | Blog | nozomu.net - 吉田望事務所 -
404 Blog Not Found:頭がいいより気前がいい


これまでのコメント

  1.   より:

    基本的に加野瀬さんの文章は何が書いてあるのかわからないわけですが・・

  2. 相坂まみず より:

    面白く読ませて頂きました。

  3. 匿名の卑怯者…

    ブログからリンクでたどれるどこか奥の方にでも本名晒しときたい欲求が日に日に大きくなってきてどうしようかなって感じです。やっぱなんか卑怯者なんじゃねえのそれやっとかない (more…)

About

1997年から運営している個人サイト。2002年にブログ化。オタクネタを中心で書いていたが、最近はウェブサービスの話題が多い。
サイトの詳細
旧Movable Type版(2002/12から2006/11まで)
2002/12以前

Twitter Flickr
ARTIFACT@ハテナ系
はてなダイアリー
ARTIFACT BOOKMARK
はてなブックマーク
ARTIFACT clipper
tumblr
ARTIFACT@photologue
tumblrで運営している写真ブログ

AD

Recommend


58 queries. 0.426