アフタヌーン四季大賞を受賞した人が作っているアニメ『センコロール』 : ARTIFACT ―人工事実―
Logo
 
この記事は書いてから 10年 経過しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アフタヌーン四季大賞を受賞した人が作っているアニメ『センコロール』
Pocket


センコロール - goo アニメ(公式サイト)
ClipLife | センコロール ―動画革命東京―(動画)

 動画革命東京を見ていて知ったアニメ。突如街に現れた怪物と少年、少女のお話というぐらいしかわからないけど、レイアウトの決まり具合や動きの気持ちよさから期待できそうだ。
でめいあ : 動画革命東京
 制作者の宇木敦哉氏は、この記事によればアフタヌーンの2005年夏の四季賞で『アモンゲーム』という作品で四季大賞を受賞している。専業漫画家ではなく、吉田学園ビューティーステージ専門学校のCMなど映像制作もしていたようだ。
※参考
あんていなふあんていダイアリー - 動画革命東京 第1次支援4作品決定
あんていなふあんていダイアリー - 「吉田学園ビューティステージ専門学校」のCM

 デジタルスタジアムでは2004年には大村敦史名義で制作した『Dragons Awake』が取り上げられている。
デジタルスタジアム 佐藤可士和セレクション
 『アモンゲーム』『Dragons Awake』でも怪物が出てくるので、『センコロール』はこれらの作品の延長線なのだろう。
niralog(宇木敦哉個人サイト)

 「動画革命東京」は、東京都のアニメ産業振興策の一環として、CNETの森祐治・情報経済を読み解くでネット界隈には馴染み深い森祐治氏がCEOをしている株式会社シンクの子会社、有限会社アニメイノベーション東京が運営するプロジェクト。アニメーション企画を個人や中小アニメーション制作会社から公開で募集し、採用した企画に対して、30分程度のパイロット版映像制作を行う資金の提供とプロデュースを行う。詳しくはプレスリリースを参照のこと。
アニメイノベーション東京 - 動画革命東京 プレスリリース パイロット版アニメーション作品の制作支援事業を開始― パイロット版映像制作支援に特化した事業スキームは日本初 ―
 現在gooアニメに特設ページがある。
動画革命東京 -ANIME INNOVATION TOKYO- - goo アニメ
 株式会社シンクには、コミックスウェーブ代表の竹内宏彰氏が取締役をしているけど、このプロジェクトはコミックス・ウェーブのCWフィルムとかなり意図が重なるんではないろうか。その辺がちょっと気になる。


これまでのコメント

  1. センコロール…

    アフタヌーン四季大賞を受賞した人が作っているアニメ『センコロール』(ARTIFACT 人工事実より)これは映像を見て惹かれました。「センコロール」細部の動画描き込みや、 (more…)

About

1997年から運営している個人サイト。2002年にブログ化。オタクネタを中心で書いていたが、最近はウェブサービスの話題が多い。
サイトの詳細
旧Movable Type版(2002/12から2006/11まで)
2002/12以前

Twitter Flickr
ARTIFACT@ハテナ系
はてなダイアリー
ARTIFACT BOOKMARK
はてなブックマーク
ARTIFACT clipper
tumblr
ARTIFACT@photologue
tumblrで運営している写真ブログ

AD

Recommend


61 queries. 0.360