炎上対策として必要なブログのコメント制限機能 : ARTIFACT ―人工事実―
Logo
 
この記事は書いてから 12年 経過しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 炎上対策として必要なブログのコメント制限機能
Pocket

 finalventさんやコメントの反応など見ても思ったけど、もしかして今までにないすごいシステムの発展が必要だ!という主張に取られた気がしてきたので補足をしてみる。
finalventの日記 - そこまで割り切りますか

マジレス的に書くと未熟というより、さらなるインテリジェントシステムが求められる、たとえば、システムスルー力。

 炎上というのはアクセス増加によって一見さんが増え、そんな人たちがカジュアルに書き込みをする事態だが、そういった一見さんのコメントを制限する機能を標準で装備すべきなのに、そうしてないサービスが多いからよく起こる、というのが自分の主張。炎上の話になると、モラルの話になりがちだけど、そもそもブログのコメント欄はシステム的な穴が多いのに、そこにあまり注目されないので、事あるごとに言っている。
 炎上した時に、ブログ管理人の対応がまずくて、ますます炎上することがあるけど、そういった作法の話は、別の話なのでここでは触れない。

スポンサードリンク

 標準で装備すべきだと考えているのは以下の機能だ。以前書いた有名なブログサービスのコメント制限機能を調べた記事も参照して欲しい。
ARTIFACT@ハテナ系 - はてなダイアリーのコメント制限機能を他ブログサービスと比べてみる

■登録ユーザーのみがコメントできる

 大体の炎上はこれで防げるはず。ホスティングブログサービスの場合、そのサービスに登録しているユーザーのみコメントできるようにする。サーバー動作タイプの場合は、Six Apartが運用しているTypekeyのようなものや、XOOPSやWordPressのようにユーザー登録が可能になればいい。
 ブログサービスの場合、この機能があるのは、はてなダイアリーgooブログエキサイトブログぐらい。livedoorブログではPROの有料コースのみ使える。これだけブログサービスがいっぱいあるのにこの少なさ。
 過去記事に書いたように、有名どころでは、はてなダイアリーが一番コメント制限機能や閲覧制限機能が充実していると思ってる。知名度なしでいえば、一番充実しているのはDI:DOだけど。

 よく装備されているコメント制限機能はIP禁止だが、これはspamコメントや粘着の対策に有効でも、炎上の対策には向かない。IP禁止機能をよく見かけるのは、日本のブログサービスがMovable Typeをお手本にしているから、Movable Typeが装備していたコメント制限機能がIP禁止しか考えなかったからなのではないかと推測している。
 コメント投稿時に名前、メールアドレス必須という機能はよくあるけど、メールアドレスが実際に存在するかどうかの確認も難しいし、炎上対策としてはあまり意味がなさそう。

■コメント承認機能

 登録ユーザーのみでもダメだった場合に。
 ただ、これは火に油を注ぐ可能性もある。コメント制限機能は、もともと閲覧者に対して、何らかの悪印象を与えることがあるが、コメント削除に次いでコメント承認機能は悪印象を与える可能性が高いからだ。悪く言えば、検閲に見えるので。
 これはコメントを投稿してリアルタイムで反映されない、というのが、悪印象を与えるのではないかと考えている。だったら、最初にコメントはユーザーのみという制限をして、資格のある人間ならば、同じように投稿できるほうがまだ良いと思われるだろう。

 少し違う話だけど、エキサイトブログなどで見かける管理人のみが見えるコメント機能に対して良い印象を持ったことがない。最初からないものなら気にしないのだが、「これは管理人だけに見えるコメントです」と表示されて、隠されているのがわかると余計気になってしまうからだ。フォームメールのように管理人にメールする機能にするか、非表示にすればいいのに。

 これは調べてないので印象論だけど、炎上したブログと、炎上したブログサービスのコメント制限機能の充実は何らかの関係があるのではないか。今まで見てきた限り、いきなりコメント欄を閉鎖してしまうところが多いので。そもそもブログ管理人がそういった機能を知らないというのもあるかもしれない。
 こうしたコメント制限機能がないブログサービスを使っていて、炎上した時に文句を言っているのは、サイトを住宅に喩えるのはよろしくないんだけど、鍵のない部屋に住んでいたのに泥棒に入られた!と言ってるように思えてしまう。

 また高機能なものとしては、以前こんなアイデアを考えた。
ARTIFACT ―人工事実― : 自分が想定していないリンクを拒否するシステム/コメント欄の高機能化

 自分が考えた仕様としては、サイトを訪問するとCookieを発行、そして、一定期間(1ヶ月ぐらい?)の間に再度そのサイトを訪問すれば、常連であると認識され、Cookieに常連情報を書き込む。もし自分が想定してないリンクをされたら、常連のみが読めるように設定を変更できるようにするというもの。基本的には、常時アクセス制御するのではなく、緊急時にアクセス制御することを考えています。


これまでのコメント

  1. 多数派意見にすがるヘタレが引き起こすバックラッシュっつか炎上…

    ネットの意見相互調整機能に個人は抵抗できるのか? (ARTIFACT ―人工事実― さま)
    炎上対策として必要なブログのコメント制限機能 (同上)

    前者 (more…)

  2. マ儿コ より:

    ねえイナゴ発生時のコメント制御の考え方として、ベストなの思いついちゃった。
    もう誰かが考えついてて、実際使われてるのかもしれないけど、思いついちゃったよ。
    知りたかったら教えてあげる。知りたくなきゃ、いいやwヾ(・∀・)ノ

  3. 九郎政宗 より:

    参考までに。
    ▼コメント荒らし最終解決
    http://d.hatena.ne.jp/claw/20050913
    ▼シーザーブログで「炎上」は消滅する
    http://d.hatena.ne.jp/claw/20060110#p2

  4. 炎上しても別にいい人のブログのコメント制限機能…

    炎上対策として必要なブログのコメント制限機能 : ARTIFACT ―人工事実― これ見てて思った… (more…)

  5. 通りすがり より:

    外に向けて何がしかの考えを発信している以上、そのことにリスクが伴うのは当然。
    何を書いても、炎上しないブログなど不要。

  6. H/W より:

    クッキーは定期的に捨てる人も大勢いるから常連システムは穴がある。

About

1997年から運営している個人サイト。2002年にブログ化。オタクネタを中心で書いていたが、最近はウェブサービスの話題が多い。
サイトの詳細
旧Movable Type版(2002/12から2006/11まで)
2002/12以前

Twitter Flickr
ARTIFACT@ハテナ系
はてなダイアリー
ARTIFACT BOOKMARK
はてなブックマーク
ARTIFACT clipper
tumblr
ARTIFACT@photologue
tumblrで運営している写真ブログ

AD

Recommend


59 queries. 0.222