BSハイビジョンで『パルムの樹』 : ARTIFACT ―人工事実―
Logo
 
この記事は書いてから 15年 経過しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - BSハイビジョンで『パルムの樹』
Pocket

 もう今日の放送なのですが、なかむらたかし氏が監督したアニメ映画『パルムの樹』が、BSハイビジョンの午後10時からの「ハイビジョン金曜シネマ」で放映されます。最初、情報を聞いた時、てっきり普通のBSだと思っていたのに、DVDより画質がよい形で『パルムの樹』が見られるとは…。ハイビジョンが受信できない&録画機器を持っていなかったのを後悔。
 NHKのBSが放送する劇場アニメは、アニオタ養成ギブス的なセレクトが多く、先日も『マクロスプラス』や『千年女優』『メモリーズ』『ユンカース・カム・ヒア』を放映してましたが、まさか『パルムの樹』まで放映するとは…。
 いま、テレビ埼玉で『ピーターパンの冒険』(毎週金・AM7:00?)を再放送しているし、『ファンタジックチルドレン』のおかげで、なかむらたかしブームが起きているんだ!(局地的に)と壮大な誤解をしたくなりました。
今週の主な番組

 この映画、「生きた人形のパルムが、幻想的な不思議世界を巡る、アドベンチャーファンタジー」とか説明されてますが、実際にはそんな心温まりそうな素敵な話ではありません。
 当時の自分の感想から抜粋。
ARTIFACT ―人工事実― | 『パルムの樹』を見ました

 事前情報はほとんどなくて、キャラデザインを見て、文部省推薦よい子アニメなのかと思っていたんですが、全然そうじゃありませんでした。
 「心を持った人形パルムが人間になるため冒険の旅をする映画」と紹介されたりしますが、『ラピュタ』のようなワクワクするような「冒険」ではありません。
 「胃がキリキリするような欝な話が好き」とか『リヴァイアス』みたいな追い詰められた人たちのドラマが好きな人にぜひお勧めしたい映画です。

 主人公のパルムは、どんどん身勝手になっていくし、登場人物たちはやたらと幸薄いし、わがままなパルムにそれでもついていくヒロインのポポはだめんず好きな匂いが…。くらたまの『だめんず・うぉ?か?』に出演して欲しいもんです。

 「ポポは僕だけを見ていればいいんだよ!」とか「僕はポポのために人間になろうとしているのに、君はちっとも努力をしてない!」とかパルムのステキな言動を見ていて「サイコピノキオ」というタイトルが頭の中で浮かんでました。

 『リヴァイアス』という喩えが2002年を感じさせます。

パルムの樹紹介ページ
パルムの樹(Amazon) そういえば結局DVDを買ってなかった…。

 検索していたら、『ピーターパンの冒険』の充実したサイトを見つけたのでメモ。
ピーターパンの冒険ホームページ
 原画が紹介されていて必見。

 なかむらたかし氏の監督作品は『とつぜん!猫の国バニパルウィット』『パルムの樹』『ファンタジックチルドレン』ですが、作画での注目作をちょっと挙げてみます。

AKIRA DTS sound edition
岩田光央 佐々木望 小山菜美 大友克洋

ジェネオン エンタテインメント 2002-12-21

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 もちろん代表作。

未来警察ウラシマン 5
小林通孝 神谷明 横沢啓子 大平透

ジェネオン エンタテインメント 2002-05-24

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 第26話『ネオトキオ発地獄行き』が絵コンテから担当。21世紀にお役ご免になった新幹線の最後の営業と主人公のリュウが絡むという話で、当時は上手いなあと思ったんですが、現実には21世紀でも新幹線が現役だったとは予想してませんでした。

迷宮物語
アニメ:迷宮物語

アトラス 2003-01-01

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 大友克洋氏が監督をした『工事中止命令』の作画監督を担当。コードうねうねしてます。

THE 八犬伝
安濃高志 関俊彦 日高のり子 玄田哲章

ジェネオン エンタテインメント 2005-01-26

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 4話がなかむら氏が担当した回なんですが、いまいち記憶にない…。


これまでのコメント

  1. 田渕 より:

    「THE 八犬伝」でなかむら氏が参加しているという事で見直してみました。確かに、シンプルな線と少し童顔に見えるような造形はファンタジックチルドレンを彷彿させる物でした。今まで気付かなかったなあ。

    第四話というと濱路が殺されて荘助が親元に知らせに行くと家で養父母が化け物に殺されてる、と言う辺りですね。
    その化け物との戦闘シーンが家壊しまくり、破片飛び散りまくり、血噴き出しまくり、と言う凄まじい物でした(作画的に)。
    後半部での信乃と現八との古賀城(中華風で迷路みたいな変な城という独特のデザイン)での大立ち回りでも破片がいっぱい飛び散ってました。1話の中にこんなに動き回るシーンがあるのも珍しい。
    この回は演出もなかむら氏のようで氏の真骨頂は破片なのでしょうか
    「THE 八犬伝」は各話数の絵柄が全然違うけど、とにかく動かしまくるというとても意欲的な作品でした。八犬志達が一斉飛びかかってくるという所と、風車が徐々に花びらになっていって一気にズームアウトと言う所、そういういろんな事をやってるOPがとても格好いいです。
    やっぱりこういうのはバブルの恩恵なのでしょうか
    最近、変だけど何かスゲーという作品はあまり見かけないような気がします。自分のアンテナ精度が落ちてきたせいでしょうか

    そう言えばBSで銀河鉄道の夜もやってましたね
    作画的にはどうか分からないですけど、この作品も宮沢賢治の世界観を忠実に再現した意欲的な作品でした。

  2. liki より:

    ゴールドライタンの作画は凄かった。特に最終回は秀逸。
    あと、ロボットカーニバルにも参加してますね。あの動きは気持ちいい。
    幻魔大戦もよかったですね。金田さんの担当した場面も凄かったけど。
    ウラシマンは当初もっと作画担当するはずだったのにとても残念でした。
    ストーリーもちょっとがっかりだったし。

  3. パルムの樹 なかむらたかし監督映画

    まず一言、感動です!パルムの動きがすばらしかった。ファンチル24話のセスの手の動きにもかなりびっくりしたんですが、パルムは全身で動いて伝えてくる。人形の悲しさがよく現れていると思う。それに世界観、背景、植物、建物、凄く奥行きがあっていつまででも見ていたい…

About

1997年から運営している個人サイト。2002年にブログ化。オタクネタを中心で書いていたが、最近はウェブサービスの話題が多い。
サイトの詳細
旧Movable Type版(2002/12から2006/11まで)
2002/12以前

Twitter Flickr
ARTIFACT@ハテナ系
はてなダイアリー
ARTIFACT BOOKMARK
はてなブックマーク
ARTIFACT clipper
tumblr
ARTIFACT@photologue
tumblrで運営している写真ブログ

AD

Recommend


59 queries. 0.377