『ジャック×ダクスター2』インプレッション : ARTIFACT ―人工事実―
Logo
 
この記事は書いてから 16年 経過しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『ジャック×ダクスター2』インプレッション
Pocket

ジャック×ダクスター2公式サイト
Amazon

はてなダイアリー - absolute typo
 『モンスターハンター』について検索していた時に、この日記に遭遇して、『ジャック×ダクスター2』に興味を持ち、Bulkfeedsで検索してみると、
はてなダイアリー - ラヴフール (www.lovefool.jp)
 を発見。こちらでも、良質のアクションゲームとして高い評価だったので購入してみました。

 一番最初にプレイした時は、評判通り、よくはできているけど、それほどすごい印象は受けなくて、「最近の海外ゲームはこのぐらいやってますよ」という人の感想に納得してました。でも、プレイを進めていくと、新しいフィーチャーが加わってきて、いろいろな面を見せてきてくれます。
 4面ぐらいで、戦車が出てきた時、今まで第三者視点だったのが、いきなり戦車砲の視点になった時、これはゲームオーバーの演出なんだ、凝っているなーと思って、プレイをやめていたんですが、実はそれがゲームの正しい進行だったという。そんな風にいろいろなアイデアが盛り込まれています。

 ゲームの中では、リアルタイムで時間が進行していて、昼と夜があり、光と影で凝ったビジュアルを見せてくれます。明け方の海岸ステージなんかは、かなり美しいビジュアルでした。
 また登場キャラクターたちのAIはかなり賢く、敵は会話をしながら追いかけたり、二手に分かれて追撃してきたり、NPCはきちんと敵に向かって攻撃したりと、意志のあるような動きをします。

 キャラクターのビジュアルは、ベタベタのアメリカーンなデフォルメキャラなんで、自分の趣味の範疇ではないんですが、ムービーパート(プリレンダリングではなく、リアルタイム生成)でのアクションの細かさには眼を見張ります。特にダクスターは、アメリカのコミカルなアニメでよくある、眼が顔からはみ出るぐらい釣り上げたりする動作などで、かなり笑わせてくれます。
 お話は、前作と違って、結構ダークな感じ。何より主人公のジャックは、ダークという悪者に改造されて、ダークジャックになるという仮面ライダー仕様です。

スポンサードリンク

 舞台となる街がかなり作り込まれていて、自由に動けるため、『GTA』のようなゲームとよくいわれており、確かに街の中で車を奪ったり、市民を殴ったりはできるんですが、この辺りはあくまでおまけの部分。街は、各ミッションをつなぐための場所であり、街での自由度の高いゲームではありません。だから、『GTA』のような自由度の高さは期待しない方がいいです。
 ただ、ステージ制ではなく、ミッション制になっているので、一つのステージで行き詰まり、ゲームが止まってしまうということはないですし、クリアー方法も自由度は高いので、そういう意味では自由度が高いゲームとなってます。
 現段階では、この街の部分は単に移動の手間を増やしているだけで、ゲームの面白さに寄与している印象を受けないため、もっと簡素化されてもよかったんじゃないかなーと思うんですが、後半になれば変わるかも。

 どうせ海外ゲームでしょ、不親切じゃないの?と思われる方もいるでしょうが、これが逆でかなり親切な設計です。たとえば、いつも見えているマップは回転マップで、目的地への指示が、目的地の方角ではなく、ルートの方向になっていたり、残機制ではなく、何度死んでも再挑戦可能だったり、となってます。広いステージなのに、ステージ間でのローディング時間も感じさせず、ストレスなく遊べます。
 ただ、インターフェイスはあんまり洗練されてない印象を受けました。全体マップはボタン一つで見られるようにして欲しかったところ。

 クリアーするまでプレイ時間は平均20時間ぐらいらしくて、そんな圧倒的ボリュームのゲームだから、現段階ではとても「レビュー」と言うレベルの文章は書けないんですが、ネット上ではほとんど話題になっていないため、とにかく存在を知って欲しいなーと思って、取り上げてみました。
 おまけに、売り上げ速報を見たら、売り上げ約1万本、出荷約2万本という数字だったので…。う、売れてなさ過ぎ。Bulkfeedsで検索して、ほとんど見つけられなかった時は、単にネット層に合わないだけかと思ったんですが、一般層にも全然売れてないのですね…。
月曜速報ソフト&ハード売り上げ 『メタルギアソリッド:TTS』登場! - Nintendo iNSIDE
「モンスターハンター」が10万本を超える - 売上速報月曜版 / gameonline

はてなダイアリー - ラヴフール (www.lovefool.jp)

なんというか、数年前まで「洋ゲー」って、理不尽なゲーム設計を指す差別用語だったと思うんだけど、「ラチェット2」「ジャック2」をやってると、そんな時代はとっくにすぎて、日本が優位性を持っている部分ってとうの昔になくなってるんだなということがよくわかる。例えば「風のタクト」でやっている謎掛けよりよっぽどエレガントで楽しいバランスになってると思ったもん。アクションアドベンチャーというジャンルに関して、1,2年では簡単に埋められないくらいの差をつけられていると感じた。ショックで呆然。まっしろ。どっかの外人を連れてくれば来年にはできるってもんでもないしなぁ。

 こういう認識の人ってまだまだ多そうだと思ったので紹介。
 このタイトルについて、はてなで触れているお二人とも、ゲーム業界の人たちというのが、今のゲームに対するユーザーの視線を象徴しているような…。非ゲーム業界人で「良作のゲームを発掘して積極的に紹介しよう」という人がすごく減ってしまった気がします。日常的に、大量のゲームに接する人が、ゲーム業界人やゲーム雑誌の人しかいなくなってしまったからではないかとは思うんですが。
 『ラチェット&クランク2 ガガガ!銀河のコマンドーっす』も興味が湧いたので、いずれチェックしたいところ。

 『ジャック×ダクスター2』は海外ではかなり評価が高いんですが、この海外と日本のゲームの評価の乖離はなぜなのか不思議になってきます。
 『ICO』も海外の方が評価高いですけど、こっちはビジュアルのおかげで、国内でもコアユーザーが注目していたけど、『ジャック×ダクスター2』はキャラクターで視野に入らない、って感じなんでしょうねえ。自分もそうだったしなあ。

 制作者のインタビューをリンク。
Gpara.com:Pick Up 話題のゲーム紹介:『ラチェット』と共演!?『ジャック×ダクスター2』開発者インタビュー!
 日本版と世界版の違いの話が面白いです。股間をぶつけるシーンで、「チーン」という音が入るのは日本人にしかわからない感覚だったとは!
ファミ通.com / 『ジャック×ダクスター2』発売直前! ノーティドッグ社スペシャルインタビュー!
[eg]PS2『 ジャック×ダクスター2』発売記念! 開発元・ノーティドッグの2人にインタビュー

 こちらは2chのスレ。
Jak II | ジャック×ダクスター2
ジャック×ダクスター2攻略スレ


これまでのコメント

  1. 発熱地帯 より:

    チェック・ゲームズ++

    作品についての感想はすでに書いたので、今回は現象論とその最大要因を中心に書きたいと思います。 ARTIFACTさんが「ジャック2」についてのインプレッションを掲載されていました。 より庇護欲をそそるタイトルになった 「ジャック2」が「ジャック1」に比べて面白いのは…

  2. Vitalsine より:

    E3などに実際に行ってプレイしてみるとかつての海外ゲーの「理不尽」「力押し」「荒削り」が無くなっていくのが如実に実感できますよ。取材で行ってみては?

    海外の制作者達が日本のゲームで育った(Nintendo age)年代なので緻密な心遣いがあたりまえになってきているのです。
    いつまでも古い海外ゲーの価値観でバカにしている日本の制作者は金もマーケティングもサービス精神も掴んだ海外制作者に負けていくことでしょう。

  3. ??? より:

    「ジャック2」一応全クリ、ヒローモードまでいっちゃったんですけど、やっぱし簡単すぎますね。けど、このゲームは、ストーリ性があってそっちのほうで楽しみました。特にダクスターがイイ♪海外ゲームはあまり詳しくないんですが、日本のゲームと違って自由度が高いのがいいですね。「ジャック1」はあるアイテムを探しながらクリアしていくゲームだったんですけど、探す手間が省けていいかなっと思ったんですけど、手間が省けたおかげで早くクリアしてしまったので、ちょっと寂しいかなって思いました。2でも探すものがあったのですけど、やる気があまり出てきませんでしたね。(結局最後までやったけど・・・)ヒーローモードをやった瞬間本当気が抜けましたよ。内容は言いませんが・・・。後、結構知られていないんですね。ジャック系。本当にびっくりしました。
    なぜ任○堂のポケ○ンより売れていないのかが不思議です。本当同じ子供(13)としてとても思いますよ。今でも口コミで広めようとしているのですが、ドラ○エだの、ポケ○ンだのおもしろいんですかねぇ〜?別にけなしているわけじゃないですが、ある意味三国○双よりスカッとするのもあるのになぁ〜。と思う中学一年でした。

About

1997年から運営している個人サイト。2002年にブログ化。オタクネタを中心で書いていたが、最近はウェブサービスの話題が多い。
サイトの詳細
旧Movable Type版(2002/12から2006/11まで)
2002/12以前

Twitter Flickr
ARTIFACT@ハテナ系
はてなダイアリー
ARTIFACT BOOKMARK
はてなブックマーク
ARTIFACT clipper
tumblr
ARTIFACT@photologue
tumblrで運営している写真ブログ

AD

Recommend


54 queries. 0.400