ARTIFACT ―人工事実―
Logo

 廃墟を探索するだけのゲームってないのかなーと言ってる人にこういうタイトルがありますよと教えたのだけど、全タイトルがサマーセール中だったので、これはまとめないともったいない!と思って紹介記事を書きたい。
 なお、どのタイトルも購入はしたが未プレイなので面白さは保証できない。とはいえ、どれもセールで300円前後の価格なので気軽に試せるだろう。
※Steamのサマーセールは7月7日までと思っていたが、7月6日午前2時までであった。誤情報ごめんなさい
この記事の続きを読む »



グルメンピック公式サイト
 今年1月に開催の延期が突然発表され、出店予定者が出店料の返金を求めていることが報じられて話題になった大東物産が主催するグルメンピックだが、とうとう関係者が逮捕された。良い取材記事がウェブ上にあったのだが、あまり注目されてなかったので、せっかくなのでまとめておく。
 休眠会社を買い取り、社名を変更し、表舞台に立たされやすい社長は雇われで真の企画者は目立たないように動き、一般枠は40万円だけど特別枠なら20万円と絶妙な額を、5日間の売り上げが75万円以下なら出店料金を返金という甘い言葉で集めるという、経済詐欺の手口がよくわかる事件であった。
この記事の続きを読む »



「社長退任のあいさつで皆泣いた」 WELQに端を発したキュレーション騒動、MERYから見た実情 (1/2) - ねとらぼ[↑B]
 著作権侵害をして、被害者からのクレームを無視していたのに、自分たちがまるで被害者かのように語る取材対象者に驚くインタビュー記事。
 以下、気になった発言を引用する。

MERYって記事を内製できるスタッフがしっかりいて、それこそいろんな編集者を引っ張ってきていて雑誌をしっかり作ってきた人間がいたり、自分たちで社内にスタジオもあって撮影もできたり、コンテンツに対してコストを掛けていたんです。

それは薬機法に絡んだキーワードを機械的に落とすっていうもので、あとは出典元がない画像が載った記事とか、全体の8割位の記事を落としていたんです。

――MERYとしては「必ずしも問題のある記事が多い」という認識は無かったということですか?
A: まぁ当時は組織全体的には(そういう認識は)無かったですし……ただ画像に関しては着手しなければいけないというのはありましたね。DeNAとは別組織で動いているし、自分たちでちゃんとコンテンツ作っているし、11月の終わりから12月の頭くらいまでは大丈夫といえば大丈夫という風には思っていました。

――コピペや画像の転載について、著作権者からクレームへの対応はあったんですか?

A: それはDeNAグループ全体としてやっちゃってるので、ペロリの手から離れてるんですが、やってますね。多分これはもともとシカトしてたと思うんですけど、「私のブログの画像ですよね」みたいな過去にクレームが来ていたものにも、ちゃんとコンタクトを取り直してあらゆる手段を含めて対応してますね。

 問題のある記事が多いという認識が組織全体でなかったのに驚く。クレームを無視して、記事の8割に問題があるのに「コンテンツに対してコストを掛けていたんです」「ちゃんとコンテンツ作っている」と言われても……。
 取材を受けた人にメディアを作る意識が欠けているのは、おそらくこれまで出版社などでメディアを作った経験がないからだと思われるのだが、問題はメディア経験者たちもいたということだ。この人たちは声をあげなかったのか?
 組織内で問題のある記事が多いと認識してなかったということは、この人たちでさえも組織内で批判の声をあげなかったということなのだろう。近い人たちの間では批判していたのかも知れないが、組織内で正面切って、上層部に言う人はいなかったというのは恐ろしい。
この記事の続きを読む »



 夏はなんとなくで選んでいたエアリズムをインナーとして着ていた。しかし、暑い外から帰宅すると、運動もしてないのに、ひどくびしょぬれになっており、肌も汗で濡れていて、気持ち悪いことが多々あった。自転車に乗る時は、日焼けが嫌なのでおたふく手袋というメーカーの長袖冷感インナーを着ていたのだが、これだとかなり汗をかいても、インナーは濡れているものの、肌の汗は乾いていた。
 夏向けの機能性インナーは気化熱で冷たく感じさせるので冷感インナーと呼ばれ、吸汗速乾性が非常に高い。エアリズムも一応冷感インナーに分類され、普段の生活ならエアリズムで充分ではないかと思っていたのだが、これだけ差を見せつけられると、エアリズムを選ぶ理由がない。なので普段使いでも、EXIOというメーカーの冷感インナーを使い始めたのだが、これが非常に快適で、汗をかいても、インナーが汗を吸って肌は濡れないし、冷房が効いている場所で上のシャツを脱ぐと10分もしない内にインナーも乾く。
 また、EXIOのインナーを1日以上着ていたことがあるのだが、脱いでも汗の嫌な臭いはしなかった。これらの冷感インナーは防臭効果をうたっているが、これもなかなか効果がある。
 エアリズムのメリットは着心地と薄さにあると思うのだが、これらの冷感インナーはエアリズムよりちょっとだけ生地が厚い。そのおかげで機能に大きな違いがあるのだろう。着心地に関しては、それほど差は感じなかった。価格も1000円前後と大して違わないし、まだエアリズムを着ている人はぜひとも別のインナーを着るべき!

 一枚多く着たら、暑くなるのではと思う人も多いかも知れないが、綿の服というのは汗を吸ってくれるが、乾きが遅く、そのため気持ち悪くなってしまう。そこで吸汗速乾性が高い化繊のインナーを着て、汗を吸うのはインナーに任せるのだ。このインナーの上に、吸汗速乾性に優れた生地のシャツを着るとより良い。
 ユニクロだと、エアリズムは乾燥が早くないが、ドライEXだと乾燥が早いので、安い服で選ぶのならドライEXのポロシャツなどがいいだろう。
この記事の続きを読む »



GPS Blumo
 サイクルモード2015で展示していた自転車盗難防止用のGPS端末「GPS Blumo」という製品が気になっていたのだが、クラウドファンディングのREADY FORでプロジェクト支援を募っていた。
あなたの大切な自転車やロードバイクを盗難から守りたい!(吉田義生 Blumo事業戦略室マネージャー) - READYFOR (レディーフォー)[↑B]
 ところが、期限は3月25日午後11時までなのに、いまだにプロジェクトが成立していなかった。100万円と、それほど大きな額ではないのに。微力ながら、自分は支援をした。
※追記 記事を書いたあと、3月21日の10時半頃に100万円を達成して成立した。記事を読んで、支援した人がいるのならよかった

 サイクルモードの展示ではかなりの人だかりがあったし、ロードバイクなど高価な自転車に乗る人たちの間では、この手のGPSを使った盗難防止アイテムを求める人はかなり多い印象があるのに、クラウドファンディングという形では、あまり乗り気ではないのだろうか。
 自転車のシートポストやフレームなどにつけるようになっており、端末が外から丸見えなのが、気になってるのかも知れないが、大体のロードバイクにはサドルバッグなど、いろいろな収容スペースがあるのだから、そこに隠せばいいだろう。
 2年間の通信料金を含めて1万円とかなり手頃なんだし、自転車に限らず、オートバイなどでも使えるだろうから、自転車盗難専用アイテムとして売り出さずに、もっと汎用的なシステムとして売り込めばいいのに。


 牧場の重機の盗難対策に支援された方もいた。
この記事の続きを読む »


About

1997年から運営している個人サイト。2002年にブログ化。オタクネタを中心で書いていたが、最近はウェブサービスの話題が多い。
サイトの詳細
旧Movable Type版(2002/12から2006/11まで)
2002/12以前

Twitter Flickr
ARTIFACT@ハテナ系
はてなダイアリー
ARTIFACT BOOKMARK
はてなブックマーク
ARTIFACT clipper
tumblr
ARTIFACT@photologue
tumblrで運営している写真ブログ

AD

Recommend


47 queries. 0.285