ARTIFACT ―人工事実―
Logo

「社長退任のあいさつで皆泣いた」 WELQに端を発したキュレーション騒動、MERYから見た実情 (1/2) - ねとらぼ[↑B]
 著作権侵害をして、被害者からのクレームを無視していたのに、自分たちがまるで被害者かのように語る取材対象者に驚くインタビュー記事。
 以下、気になった発言を引用する。

MERYって記事を内製できるスタッフがしっかりいて、それこそいろんな編集者を引っ張ってきていて雑誌をしっかり作ってきた人間がいたり、自分たちで社内にスタジオもあって撮影もできたり、コンテンツに対してコストを掛けていたんです。

それは薬機法に絡んだキーワードを機械的に落とすっていうもので、あとは出典元がない画像が載った記事とか、全体の8割位の記事を落としていたんです。

――MERYとしては「必ずしも問題のある記事が多い」という認識は無かったということですか?
A: まぁ当時は組織全体的には(そういう認識は)無かったですし……ただ画像に関しては着手しなければいけないというのはありましたね。DeNAとは別組織で動いているし、自分たちでちゃんとコンテンツ作っているし、11月の終わりから12月の頭くらいまでは大丈夫といえば大丈夫という風には思っていました。

――コピペや画像の転載について、著作権者からクレームへの対応はあったんですか?

A: それはDeNAグループ全体としてやっちゃってるので、ペロリの手から離れてるんですが、やってますね。多分これはもともとシカトしてたと思うんですけど、「私のブログの画像ですよね」みたいな過去にクレームが来ていたものにも、ちゃんとコンタクトを取り直してあらゆる手段を含めて対応してますね。

 問題のある記事が多いという認識が組織全体でなかったのに驚く。クレームを無視して、記事の8割に問題があるのに「コンテンツに対してコストを掛けていたんです」「ちゃんとコンテンツ作っている」と言われても……。
 取材を受けた人にメディアを作る意識が欠けているのは、おそらくこれまで出版社などでメディアを作った経験がないからだと思われるのだが、問題はメディア経験者たちもいたということだ。この人たちは声をあげなかったのか?
 組織内で問題のある記事が多いと認識してなかったということは、この人たちでさえも組織内で批判の声をあげなかったということなのだろう。近い人たちの間では批判していたのかも知れないが、組織内で正面切って、上層部に言う人はいなかったというのは恐ろしい。

 さて、本題なのだが、この記事で、社長は皆に好かれていた、という話を見て、思い出したのが、昔非モテタイムズの編集長であったメガネ王氏(現在は座間宮ガレイ名義という名義で活動している)1を元スタッフが、スタッフから見たら人格者だったと語る記事だった。
『非モテ・ソラノート事件』関係者だから語れる、『非モテタイムズ』というサイトの内部事情 | だいちゃん.com[↑B]
※URL移動前の当時のブクマ
はてなブックマーク - 『非モテ・ソラノート事件』関係者だから語れる、『非モテタイムズ』というサイトの内部事情 - だいちゃん.com
 規模は大違いなのだが、問題視されるネットメディアにおいて、トップは下から慕われており、いい人だと思われていたという共通点が興味深い。
 トップが、問題行為を奨励したり、外部から指摘された問題を無視していても、身内のスタッフに対する気遣いさえあれば、いい人だと思われ、その人のために問題行為を平気でしてしまう。
 もちろんこれはネットメディアだけの問題ではなく、違法行為で摘発される企業ではよく見かける光景なのだろう。ねとらぼがどういう意図で掲載したのか不明だが、このインタビューは、そんな企業で働く人たちの気持ちがわかる貴重な資料であった。

「MERY」記事量産の現場 「90分に1本のノルマ」インターンが証言 - withnews(ウィズニュース)[↑B]
 そういえば、この記事に対する質問もして欲しかった。これが「記事を内製できるスタッフ」で「コンテンツに対してコストを掛けていた」の実態なのか?って。

 考えてみたら、社内で問題があっても、社員追従の実例を自分も体験したのを忘れていた。
 ビブロスにいた頃、社長が素人にお金を出させて出版する共同出版の新規事業を始めるといって、それを社員はみな、さすが社長、よいアイデアとヨイショしていた。共同出版とは、本を売って採算が出る通常のビジネスモデルではなく、著者にお金を払わせて、それでペイする事業であり、まともな出版社がする事業ではなかった。だが、それを批判する声はなく、碧天舎という新しい会社が始まった。その後、赤字を出し続けた碧天舎は2006年にビブロスとともに倒産する。
 あの頃、社長室で、朝日新聞に出した碧天舎の広告を自慢げな顔で広げて、それをヨイショしていた方々と社長を、死んだような目で眺めていた経験は忘れられない。パトレイバー2の後藤隊長のように「突然ですが、あなた方には愛想が尽き果てました」と立ち上がりたかった。

※参考
『自費出版ビジネス、碧天舎から見えること』[↑B]

  1. めがねおう氏は政治活動家として頑張っています - Hagex-day info[↑B] []


 夏はなんとなくで選んでいたエアリズムをインナーとして着ていた。しかし、暑い外から帰宅すると、運動もしてないのに、ひどくびしょぬれになっており、肌も汗で濡れていて、気持ち悪いことが多々あった。自転車に乗る時は、日焼けが嫌なのでおたふく手袋というメーカーの長袖冷感インナーを着ていたのだが、これだとかなり汗をかいても、インナーは濡れているものの、肌の汗は乾いていた。
 夏向けの機能性インナーは気化熱で冷たく感じさせるので冷感インナーと呼ばれ、吸汗速乾性が非常に高い。エアリズムも一応冷感インナーに分類され、普段の生活ならエアリズムで充分ではないかと思っていたのだが、これだけ差を見せつけられると、エアリズムを選ぶ理由がない。なので普段使いでも、EXIOというメーカーの冷感インナーを使い始めたのだが、これが非常に快適で、汗をかいても、インナーが汗を吸って肌は濡れないし、冷房が効いている場所で上のシャツを脱ぐと10分もしない内にインナーも乾く。
 また、EXIOのインナーを1日以上着ていたことがあるのだが、脱いでも汗の嫌な臭いはしなかった。これらの冷感インナーは防臭効果をうたっているが、これもなかなか効果がある。
 エアリズムのメリットは着心地と薄さにあると思うのだが、これらの冷感インナーはエアリズムよりちょっとだけ生地が厚い。そのおかげで機能に大きな違いがあるのだろう。着心地に関しては、それほど差は感じなかった。価格も1000円前後と大して違わないし、まだエアリズムを着ている人はぜひとも別のインナーを着るべき!

 一枚多く着たら、暑くなるのではと思う人も多いかも知れないが、綿の服というのは汗を吸ってくれるが、乾きが遅く、そのため気持ち悪くなってしまう。そこで吸汗速乾性が高い化繊のインナーを着て、汗を吸うのはインナーに任せるのだ。このインナーの上に、吸汗速乾性に優れた生地のシャツを着るとより良い。
 ユニクロだと、エアリズムは乾燥が早くないが、ドライEXだと乾燥が早いので、安い服で選ぶのならドライEXのポロシャツなどがいいだろう。
この記事の続きを読む »



GPS Blumo
 サイクルモード2015で展示していた自転車盗難防止用のGPS端末「GPS Blumo」という製品が気になっていたのだが、クラウドファンディングのREADY FORでプロジェクト支援を募っていた。
あなたの大切な自転車やロードバイクを盗難から守りたい!(吉田義生 Blumo事業戦略室マネージャー) - READYFOR (レディーフォー)[↑B]
 ところが、期限は3月25日午後11時までなのに、いまだにプロジェクトが成立していなかった。100万円と、それほど大きな額ではないのに。微力ながら、自分は支援をした。
※追記 記事を書いたあと、3月21日の10時半頃に100万円を達成して成立した。記事を読んで、支援した人がいるのならよかった

 サイクルモードの展示ではかなりの人だかりがあったし、ロードバイクなど高価な自転車に乗る人たちの間では、この手のGPSを使った盗難防止アイテムを求める人はかなり多い印象があるのに、クラウドファンディングという形では、あまり乗り気ではないのだろうか。
 自転車のシートポストやフレームなどにつけるようになっており、端末が外から丸見えなのが、気になってるのかも知れないが、大体のロードバイクにはサドルバッグなど、いろいろな収容スペースがあるのだから、そこに隠せばいいだろう。
 2年間の通信料金を含めて1万円とかなり手頃なんだし、自転車に限らず、オートバイなどでも使えるだろうから、自転車盗難専用アイテムとして売り出さずに、もっと汎用的なシステムとして売り込めばいいのに。


 牧場の重機の盗難対策に支援された方もいた。
この記事の続きを読む »



逃げる女公式サイトトップ画像
逃げる女 | NHK 土曜ドラマ[↑B]
 NHKで現在放映中の土曜ドラマ『逃げる女』は、子供殺しの罪の冤罪で8年間刑務所に入っていた元養護施設の女性職員が、事件で彼女のアリバイを崩すウソの証言をした親友で同僚の女性を探す旅を描く。その旅には、彼女を自白に追い込んだ刑事と、殺人をした若い女が絡んでいく。
 以前の土曜ドラマ『64』と同じで、笑いどころがまったくない、重いドラマなんだけど、非常に引き込まれる。彼女の逮捕によって、加害者の家族が崩壊する有様など、一度罪を犯した者として認定された人間に向けられる社会の視線を見せつけられるのだ。こういったことは新書『加害者家族』で描かれているので、知識としては知っていたが、あらためて映像として見せられるとその不条理さにやりきれなさを抱く。上野耕路氏のどことなく不安にさせる音楽も良い。
 ドラマの中で、ネットによって主人公の情報が広まる様がよく描かれるのだが、そんな描写を大ベテランで78歳の鎌田敏夫氏を書いているというのに驚く。そもそも、こんな重い話を書く人だとは思わなかったのだが。
 全6回で、今日でもう第5回なのだが、再放送など機会があったら、ぜひ見て欲しい。

 で、最初にドラマを見て、殺人者の若い女性を演じる仲里依紗氏を見た時に、あまりに嵐の二宮和也氏にそっくりで驚いた。以前から、顔が似てるとは言われていたようだが、このドラマでは特に似ている。サイトのトップ画像で、その似ているぶりを確認して欲しい。
 普段の仲里依紗氏を見ても似ているとは感じなかったのが、以前から顔が似ていると言われていたようだ。このドラマではわざと似るようにメイクしているのではないかと思ってしまう。
この記事の続きを読む »



 Amazonアソシエイトのレポートを見ていたら、『テルミー』というライトノベルがKindleで売れていたのだが、集英社ダッシュエックス文庫1周年記念のセール価格で、1巻120円、2巻まとめて240円とずいぶん安かったので興味を持った。
 あらすじを読んで面白そうだと思い、ちょうど前島賢氏が年末にeBookJapanのコラムで紹介していたのを知り、前島氏のお勧めならはずさないだろうと思って、買ってみた。普段は大体積ん読なのだが、ちょうど短めの小説を読みたいタイミングだったので、すぐに読んでみたところ、良い小説だったので紹介したい。
 残念ながら、この小説は未完で、2巻以降が出ていない。作者のブログによれば、3巻執筆中とのことで、続きが出るためにも、もっと知られて欲しいのだ。

※セールは1月7日まで
この記事の続きを読む »


About

1997年から運営している個人サイト。2002年にブログ化。オタクネタを中心で書いていたが、最近はウェブサービスの話題が多い。
サイトの詳細
旧Movable Type版(2002/12から2006/11まで)
2002/12以前

Twitter Flickr
ARTIFACT@ハテナ系
はてなダイアリー
ARTIFACT BOOKMARK
はてなブックマーク
ARTIFACT clipper
tumblr
ARTIFACT@photologue
tumblrで運営している写真ブログ

AD

Recommend


49 queries. 0.309